FABRIC(fabric045.com)ブログ

横浜駅から徒歩15分。浅間下交差点にあるFABRICスケートショップ(http://fabric045.com/)のブログです。
ブログを見て気に入ってくれた人は、是非本体のHPも見てください。
LINKSのFABRIC skate shopをクリック!

<< Feever Bug開店!(とっくに) | main | FRIDAY SKATEBOARD WHEEL >>
HOW to スラッピー
0
    最近トリックの多様化につれ、スラッピーってどうやるんですかと聞かれます。


    1分03秒と3分45秒のとこがスラッピーです

    スラッピーは直訳すると「ひっぱたく」とかそんな感じの意味ですが、スケートボード界では一般的にオーリー無しでグラインドに入るトリックのことを、大雑把にスラッピーと呼ぶことが多いです。

    なんで「ひっぱたく」でスラッピーなのかというと、話は80年代にさかのぼりますが、当時バックヤードプールでのスケートで飽き足らない熱過ぎるスケーターたちが、家に帰っても頭の中が100%プールコーピングになてしまい、思わず家の近所のレッドカーブ(アメリカの駐車禁止の表示で、赤く塗装してある道路の縁石、車が止まってないとこ)でプールコーピングに「バチン!!」と当て込む要領で、いきなし道端でカービングからグラインドし始めてしまったのが発祥です。ジェフローリーはインタビューで好きなスポットはレッドカーブだと言っていました。

    まさにプールコーピングに当て込む感じと似ています。
    クイックなカービングでアプローチをかけ、外側のウィールの圧が抜ける瞬間に、カービングの遠心力を利用し縁石に当て込みグラインドします(この間0.1秒ぐらいの話)。この瞬間の「バチン!」てのがスラッピーってことです。

    良く「昔のスケーターってスラッピーうまいですね」といわれるのですが、もちろんみんなスラッピーしまくっていたのは言うまでもありませんが、昔の人がうまいと言うよりは、圧倒的に昔のセッティングの方がやりやすかったと言えるのではないでしょうか。

    現代1
    現代のデッキ(indy129使用)よりも

    80年代1
    80年代のデッキ(indy169使用)の方がトラックの幅が広く少しあがるだけで縁石に乗り上げられる!

    現代2
    現代のウィール(spitfire)よりも

    80年代2
    80年代のウィール(バリフレックス)のオフセットウィールの方が

    80年代3
    アクセルナットが縁石に当たらず乗り上げやすい!


    昔の人がどうこうではなく、昔のトリックは昔のセッティングの方がやりやすいって話

    壁なんかも、同じことが言えて、ノーズが無くて、オフセットウィールの方が今のデッキよりやりやすい

    そうなってくると、絶妙にとても都合の良い最高のウィールがあるので、次回紹介します!
    こうご期待!!


    KEEPitREAL6リリースまであと5日

    アナログ放送終了まであと22日

    FABRIC6周年パーティーまであと22日
    | cozzy045 | スケートボードについて | 18:49 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    おぉ、そのウィール、気になりますね。オフセットウィールという呼び方自体、なんだか時代の移ろいを感じられずにはおれません。
    | 通りすがり | 2011/07/03 7:18 AM |









    トラックバック機能は終了しました。
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + テスト
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE