FABRIC(fabric045.com)ブログ

横浜駅から徒歩15分。浅間下交差点にあるFABRICスケートショップ(http://fabric045.com/)のブログです。
ブログを見て気に入ってくれた人は、是非本体のHPも見てください。
LINKSのFABRIC skate shopをクリック!

<< ennui | main | いろいろお知らせです >>
FABRIC オリジナルデッキ 「鮴(メバル)」リリース!
0
    近年日本でも、ボールやコンクリートパークが増えてきたりWALL・スラッピーやエアーボーンなど80年代のトリックが見直され、今再びフィッシュテールが欲しい時代となってきています(個人的に)。

    現在様々なブランドでクルーザータイプのフィッシュテールなどが出るようになりました。
    形状も多様で、ノーズも軽かったり踏んだ瞬間グイって曲がったりfunな動きでクルーザーとして乗るならとても良いと思うのですが、重心を計ってみるとバランスがいまいち微妙なデッキが多く、現実的な攻めのデッキが少ないように思われます(注:hosoiskateのハンマーヘッドとかはとてもバランス良かったです、なんてったってhosoiさんが考えたシェイプ!)。

    そこでFABRICでは、日本人の体系と日本のスケートパークにピッタリの新しいフィッシュテール「鮴(メバル)」を開発いたしました。


    メバル1

    1980年代から2010年代まで実際に使用したデッキを元に、さんざん迷ってホイールベースの長さを決めきっちり墨を出して

    めばる2

    2サイズの形を決定!8.75”と9”どちらもフィッシュテールです。

    めbる3

    8.75”はノーズをやや絞ったシェイプで、149と相性が良いです。
    9”は169でも149でもどちらでも。

    めばる5

    デッキのバランスは、オーリーもじっくり引っ張れて、垂直でのアクションもノーズが足にしっかり絡む位置に重心を置きました。
    是非板まかせで乗りに行ってみてください、自然に足元に収まります。

    テールはしっかりベタ足で踏み込める仕様となっており、なおかつ足の乗らないところは削り取ることで軽量化をはかり、そのへこみによりテールブロック等も芯でとらえることができます。
    80年代のバート用のフィッシュテールよりも、両サイドに丸みをもたせることでF/S・B/SへのPOPもスムーズに行えます。バンクやフラットランドでのトリックもスムーズです。

    ノーズは壁にアタックする角度やアウトする時の角度を考慮し、当て込みやすく抜けやすい絶妙な角度となっています。
    80年代の物よりノーズを長くとり両サイドに角をつけることにより、オーリーでも足が抜けずにリーンやクレイルでのグラブもがっちりとはまります。


    このようにお腹の部分がくびれてテールの部分が広がるシェイプを、その魚のような形状より「フィッシュテール」と呼びます。

    80年代中盤を代表するシェイプで、バートでのエアーが流行っていたころの形です。

    80年代前半までは、プールやバートでのターンでデッキから足が外れないようにベッタリと太いシェイプの板でした。
    しかし80年代中盤に入りエアーの高さを追及するようになると、足を乗せるところ以外は極限まで細く削ることにより軽量化を計り、そうして生まれたのがしっかり踏み込んで思いっきりブッ飛ぶことを前提としたフィッシュテールです。

    このデッキが生まれデッキの重心が変わってから、ストリートスケートにおいてもオーリーをするようになりました。現在のデッキでもその黄金比はあまり変わっていません。
    それまではオーリーなんてバートかフリースタイルのトリックの中だけの話で、道を移動しながら気軽にPOPするなんて夢のまた夢。
    80年代にエカキさんがゴンザレスのデッキで普通にF/S180°しながらスポットに登場して、マジでぶったまげました。


    もうここまできたらプリントにもこだわりぬきたいので、FABRICでは80年代の雰囲気を残し手刷りのシルク印刷としました(あの良くパウエルのビデオでやってたシャーって塗るやつ)。

    めばる4
    乾かし中(8.75”)

    モチーフは魚辺に休むと書いて「メバル」。

    魚に休むと書きますが、メバルは動くものに手当たりしだい襲い掛かる性質をもち、そのため誰にでも餌でもルアーでも何でも釣れる横浜を代表する雑魚の中の雑魚!
    白いゴムで釣れる。横浜で釣りをするとだいたい誰でもどこでも普通に釣れる魚、必要なのは針と糸。

    この魚休(メバル)と呼ばれる魚、デッキと気持ちと発想を持って家を出れば、誰でもどこでも何にでも攻めれるスケートボードと同じにおいを感じます。

    5

    横浜で釣れたメバルを

    10

    和風な魚拓という方法でかたどり、シルク印刷にしてプリントしてあります。

    バックのカラーは、横浜の海と青空をイメージしたブルー100%横浜メイド。

    7

    もちろん無駄な殺生はいたしません。
    メバルはとても美味しいです、雑魚中の雑魚ですが下手にフグが釣れるより嬉しいです。

    実際にいろいろな場所でテストを行い(9”に149にフライデーwheel)

    どれっせん

    B7にてエリック・ドレッセン氏より「GOOD」をいただいてから早4ヶ月。

    FABRIC

    とうとうこの列に置くことができました!


    そしてお買い上げ第1号の大和様のご希望により

    大和

    初代cheapzingerのようにグリップの穴を空けてほしいと言われたので、

    しるく

    ご希望に合わせ、後加工もいたします(この場合は別途料金がかかります、お問い合わせください)。
    シルク印刷なので、右のデッキのように擦れながらグラフィックが消えていきます。




    FABRIC渾身の「鮴(メバル)」是非このデッキでグイグイ泳ぎまくってください!










    そして「ちょっと忘れてるんじゃない?」と言うあなた。

    そうなんです9割がた完全に忘れている、2日前は忘れもしないニイハオの日でした。

    KIKUGAWAニイハオ

    今年も何かやるのかと思いましたが、ニイハオメンバー満場一致で「何もしない」に決定!

    BLOGの更新も無し、なんかクワガタの写真のまま、理由はPACOのPCが壊れたから。
    | cozzy045 | new shit! | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.fabric045.com/trackback/1100089
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + テスト
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE